このようなお悩みには
斎藤歯科医院のインプラント治療が
おすすめです

入れ歯には抵抗がある

健康な歯を削りたくない

他院で骨が不足していて
インプラント治療を断られた

以前入れたインプラント
に不具合がある

元な健康な歯の状態に
もっとも近づく治療法が
「インプラント」です

インプラントは人工の歯根です。
入れ歯と違い、自然の歯に近い機能性があります。
インプラントは他の健康な歯を傷つけることなく、前後の歯に負担をかけずに、噛み合わせの荷重がなくなった部分だけで補える治療法です。
また、入れ歯やブリッジでは歯茎より上の部分は再現できても、歯の根っこ(歯根)は再現できません。
歯根まで再現し、見た目も機能も元の自然な歯に近い状態を再現できるのが、インプラントのメリットです。

斎藤歯科医院のインプラント治療の特徴

1

高い専門性を持ち、
安全・安心な
インプラント治療を
行います

当院ではインプラント治療を希望される全ての患者様に、コンピューター上でシミュレーションした画像を使ってインプラントの治療計画や手術時間、費用等を説明し、同意をいただいた上で治療を行います。 全ての手術をコンピューターガイド手術で行うので治療計画通りの理想的な位置に埋入することができます。 また、最新のコンピューターガイド手術によって、歯茎をメスでほとんど切らず、出血も少ない無痛インプラント手術が可能になります。

インプラント歯科医 専門医

インプラント専門医が治療します

院長は日本口腔インプラント学会専門医であり、数々の学会やセミナーで演者や講師として症例発表等も行っており豊富な知識と高い専門性を持って患者様一人ひとりに寄り添ったインプラント治療を行います。

2

最新の医療機器の導入により
治癒期間の短縮や痛み、腫れの少ない治療を目指します

ピエゾ(超音波)治療器

骨組織の切削に超音波を使用することにより、神経や血管等を損傷しないという大きなメリットがあります。また、ピエゾの刃はどの切削機器より細いため、骨の切削量が少なくで済み、腫れや痛みを軽減することが可能です。

生体情報モニター

生体情報モニターは脈拍・血圧・心電図を常時モニタリングするために外科手術等で用いられる高精度な機器です。麻酔の影響による血圧・脈拍の低下や高血圧気味の患者様の体調を継続的に確認し、術中の患者様の状態を把握しながら処置を行えます。

クリーンエリアプラス

手術室には「クリーンエリアプラス」というエアカーテンを設置することで手術を行う術野部を滅菌し、それによって二次感染のリスクを取り除くことができます。術野全体を無菌の空気の壁で覆うことで、無菌に近い状態で手術を行うことが可能です。

光機能化インプラント

光機能化技術とは、インプラント表面に特殊な光を当てることによりインプラントがより骨に結合しやすい状態となり、インプラント手術の成功率を高めることができます。またこの技術により、インプラントと骨の接着スピードが今までに比べて早くなるので治療期間の短縮も可能になりました。

CT専用機

ほとんどの歯科医院ではX線室の広さの問題やコストを下げる目的でパノラマ(上下の歯や顎の骨などを大まかに把握するレントゲン)とCTの複合機を使用しています。当院ではより精度の高いCT専用機を用いることで正確な診査・診断に役立てています。

再生医療機器によるCGF再生療法

CGFとは、専用の遠心分離機で患者様ご自身の血液を遠心分離して精製したフィブリン(傷の治りを促進させる物質)とケガの治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。骨や歯肉の再生が促進されるので治癒期間が短縮されます。また、ご自身の血液なのでアレルギーや感染のリスクが軽減し、負担の少ない治療が期待できます。当院は「再生医療等安全性確保法」に基づき厚生労働省の認可を受けた医療機関です。

3

適正価格で治療を行います

当院では世界に数百あるインプラントメーカーの中でストローマン、ノーベルバイオケアの2社のインプラントしか使用しておりません。 両社とも50年以上の歴史があり非常に信頼性の高いメーカーで、全ての大学病院でこの2社のインプラントを使用しています。 また上部構造(歯の部分)は強度や清掃性、審美性を考慮しオールセラミック(ジルコニア)のみを使用しています。 手間を省くこと、安いインプラントや上部構造の使用、設備や衛生管理をいい加減に行うことでインプラント治療費はいくらでも安くできますが、安さに惹かれ結局後でトラブルを抱えて後悔するケースが後を絶ちません。インプラントはやり直しが非常に難しい治療法です。

4

メインテナンスと安心の10年保証

きちんと骨と結合したインプラントは、半永久的に口腔内で固定を得ることができます。 しかし、天然歯と同じように、歯周病が重度に進行した場合は、骨はインプラントを支えることができなくなります。 インプラントを良い状態に保つには日常のプラークコントロールはもちろんですが定期的なメインテナンスが必須になります。 当院では日本歯周病学会専門医の副院長の指導の下、高度なトレーニングを受けた歯科衛生士がメインテナンスプログラムを担当します。また患者様に安心してインプラントをお使いいただくことを目的として、インプラントと上部構造に保証を行っております。 (当院のメインテナンスプログラムを受けていただくことが保証の条件となっています。)

5

リラックス麻酔(静脈内鎮静法)

静脈内鎮静法とは、気分を落ち着かせる効果がある点滴薬を血管内に直接投与することでリラックス効果を得ることができる方法です。 全身麻酔と違い眠くなりますが完全に意識はなくならず、普段通りに呼吸ができる安全性の高い麻酔です。これにより、治療中の不安や緊張を軽減することができます。 インプラント手術で強い不安感や恐怖心をお持ちの方に適した方法といえます。 また、高血圧や糖尿病等の合併症をお持ちの方にも降圧剤や抗菌剤を点滴投与できるので安心して手術を受けていただくことができます。 当院では大学病院から定期的に歯科麻酔医(大学の歯科麻酔科で高度なトレーニングを受けた歯科医師)に来ていただき、ご希望の方には静脈内鎮静法を行っております。

6

他院でインプラント治療を断られた方へ
(セカンドオピニオン)

現在インプラント治療を行っている歯科医院は数多くありますが、インプラント治療に関して、全ての歯科医師が高度な技術・豊富な知識を有しているとは限りません。 当院には、他院で「骨がないのでインプラントができない」、「神経が近いので手術が不可能」と言われた患者様がいらっしゃいます。 しかし、そういった患者様の多くが治療可能でした。 つまり、インプラント自体が不可能な訳ではなく、伺った先生の医院では技術的な制限によって、インプラントが不可能であるということがほとんどです。一度、他院で断られた方でも当院へ足を運んでいただき、インプラント治療が可能であるかどうか精査されることをお勧めします。

斎藤歯科医院が提供する
最新のインプラント技術

コンピュータガイド手術を用いた治療

安全性

シミュレーションができるから安全性が向上します

安心感

計画通りの位置にインプラントを埋入できるから安心です。

スピーディ

穴を開ける位置が決まっているため、埋入時間を短縮できます。

1

フラップレス手術が
可能になる

ノーベルガイドを用いることで、通常のインプラント治療のように歯肉を切開してドリルで穴を開けることなく、必要な分の穴をあけるフラップレス(無切開)手術が可能になります。
そのため通常の治療と比較すると、縫合・抜糸などの工程がないため、治療期間が短くて済みます。
また、切開や縫合、抜糸の必要がないため、術後の痛みや腫れ、出血が軽減されます。
それに伴って、身体的な負担も抑えられます

2

安全性の向上

従来のインプラント治療では、医師の経験と感覚に頼って埋入角度をつけていたため、適切な角度からズレている可能性がありました。CTデータと専用のコンピュータソフトから作成されたサージカルテンプレートを利用すると、適切な埋入位置・角度・深度でインプラントを植立できるようになります。

CTデータを取り込んだ専用ソフトで、インプラント埋入手術のシミュレーションを行うことができます。事前にシミュレーションを行うことで、ぶっつけ本番で手術を行うよりも、安全性や治療効果の持続の向上が期待できます

コンピュータガイド手術の流れ

CT撮影

正確なガイドを作成するために、歯科用CTで撮影を行ないます。
歯科用CTは従来の診断機器とはまったく異なる撮影方法により、お口全体の立体画像が撮影できます。

ノーベルガイドでシミュレーション

噛み合わせや発音、歯並びなどを考慮した補綴装置(歯の部分)の形態をまず決定し、それを達成できるようなインプラントの埋入位置・方向・本数などを決めます。
この方法を「トップダウントリートメント」といいます。
この方法だと、せっかくインプラント治療を行ってもうまく噛めないなどのトラブルを防ぐことができ、確実によく噛める歯が入ります。

コンピュータガイド手術で正確、安全な手術

シミュレーションソフトウェア上で設計した位置に正確にインプラントを埋入するためのサージカルガイドを用いて手術を行います。
術前に埋入位置や本数などもすべて決定しているので、手術は短時間で終わります。
また歯茎の切開の量や骨を削る量も少なくて済むため、出血や痛みはほとんどありません。

すべての歯を失ってしまった方も、
たった1日で回復が可能な治療法です

歯を失って総入れ歯に
なってしまった方

画期的なインプラント治療法

手術の当日に歯が入ります

1

歯を失った方
総入れ歯になってしまった方

部分入れ歯のように入れ歯を固定する力が 強くない総入れ歯。
この総入れ歯にこれまでとは異なる観点で登場したのがオールオンフォーです。
総入れ歯で問題になるのが使っている間に起こる、ズレや外れ問題です。
総入れ歯の固定に 使われている吸着力が不足しているのが原因です。

2

画期的な
インプラント治療法

上顎、下顎、あるいはその両方に1本も歯が 残っていない場合、従来のインプラント治療であれば失った歯と同様の本数が必要でした。
しかし、それでは手術そのものや治療費・ 身体的な負担が大きく、治療期間も非常に長引いてしまいます。
そのような問題を解決するため開発された最新のインプラント治療が オールオンフォーです。

3

手術の当日に歯が入ります

手術の日に仮歯を入れることができるので、たった1日で全ての歯の機能を回復させることができます。
オールオンフォーは、あごの骨にしっかりと固定されているので咀嚼機能を 自分の歯に近いところまで回復できるという点はもちろんのこと、総入れ歯に比べと、歯ぐきと接触してる面積が少ない為、食事も美味しく感じます。

初診時口腔内写真

インプラント埋入予定部位の歯に感染があると埋入したインプラントに細菌感染が起こり、インプラント治療の失敗の原因(インプラント治療が失敗した症例のインプラント周囲細菌叢を調べた報告では歯周病原菌の比率が高いことが示されています)になるため非常に進行した歯周病に罹患している残存歯をまず抜歯し、病原菌が死滅するのを待ってからインプラントの埋入を行いました。
※抜歯予定の歯に感染がなければAll-on-4(オールオン4)症例でも抜歯即時埋入は可能です。

トップダウントリートメント
(補綴主導型インプラント治療)

家を建てる場合でも設計士さんが必ず設計図を作成します。
しかし残念ながら、歯科の場合は設計図も書かずに(ちゃんとした治療計画を立てずに) 昔ながらの勘に頼った治療を施し終了してしまう事が多々あるのです。
当院では従来の外科主導型インプラント治療(とにかく骨のある所にインプラントを埋入し、骨とインプラントがくっつけば成功という考え方)ではなく補綴主導型インプラント治療(噛み合わせや審美性まで考えた予知性の高いインプラント治療)を行っております。
術前に最終的な上部構造(人工歯)の位置を患者様の口腔内で見ていただき噛み合わせや見た目などを確認いたします。

コンピューター上で治療計画を立てます

患者様の口腔内で実際に確認した位置に上部構造(人工歯)を配置するためには、どこにインプラントを埋入すれば良いのか専用のコンピューターソフトでシミュレーションを行います。

コンピューターガイド手術(インプラント埋入手術)

 

最新のコンピューターガイド手術によって、歯茎をメスでほとんど切らず、出血も少ない無痛のインプラント治療が可能になります。
コンピューターガイド手術とは、コンピューター上で手術を計画し、作製したサージカルガイドプレート(インプラントの埋入位置を示す装置)を用いて、インプラントを理想的で正確な位置に埋入する手術のことです。
計画通りの位置へ埋入が可能で、余分な切開や骨の切削がないため、術後の腫れや痛みがほとんどありません。また、手術時間の短縮にもつながります。

上顎サージカルガイドプレート
インプラント オールオンフォー
下顎サージカルガイドプレート
インプラント オールオンフォー

即時荷重

インプラントを埋め込んだ数時間後には仮の歯の装着ができます。
(お口の状態により、仮の歯の装着が手術翌日以降になる場合もあります)

歯の形態の比較

コンピューター上でシミュレーションした人工歯をワックスで具現化し、その形態をコピーすることで暫間上部構造(仮歯)、最終上部構造(人工歯)とも術前のシミュレーション通りの形態に仕上げることができます。

術前シミュレーションのワックスモデル
インプラント オールオンフォー
暫間上部構造(仮歯)
インプラント オールオンフォー
最終上部構造(人工歯)
インプラント オールオンフォー

最終上部構造(人工歯)

術前に人工歯が口唇からどれくらい見えるかや口唇の豊隆など入念に確認することで最終的な人工歯は自然で美しい仕上がりになります。

審美的かつ噛み合わせを考慮した人工歯
斎藤歯科医院でAll-on-4治療をした症例❶
斎藤歯科医院でAll-on-4治療をした症例❷

症例紹介
ALL-ON-4/ALL-ON-4プラス

これまでの患者様の症例をご紹介します。

入れ歯を入れていると気持ち悪くて吐きそうになる

82歳・女性

上顎はフルブリッジを装着していたが、土台の歯がダメになり他院で抜歯して総入れ歯を作ってもらっていました。入れ歯は 違和感が強く、長時間入れていると気持ち悪くなるとのこと。

義歯よりも異物感の少ないインプラント治療を希望。     
年齢的なことを考え、身体的、費用的な負担の少ない All-on-4を選択しました。手術同日に入れ歯から解放され固定式の仮歯が入り、嘔吐反射もなくなったと いうことで大変喜んでいただけました。

歯並びが悪く人前で口を開けて笑えない

53歳・女性

両側の奥歯を抜いたまま放置して、前歯だけで噛んでいたらどんどん前に出てきて、さらに曲がってきてしまい、歯並びが悪くなってしまい、人前で口を開いて笑うことにコンプレックスを感じておられるとのこと。

上顎前歯のセラミック冠は骨縁下までカリエスが進行し、何本かは保存不可能でした。 両側臼歯も欠損していることもあり、患者様のご希望で残存歯を抜歯し、All-on-4プラス1(All-on-5)で治療しました。 歯並びの改善もご希望だったので下顎前歯はオールセラミッククラウン、臼歯はインプラントで治療しました。
先日お会いしたときには大変よく笑われていて、私どもも嬉しい気持ちになりました。

固いものが好きだが入れ歯だとうまく噛めない

70歳・女性

70歳女性
軟らかいものを噛むことはできるがお肉などは小さく切らないと噛み砕けなかったそう。 息子たちと食事に行くと一人だけ遅くなり迷惑をかけてしまっていたことを憂いていました。 上顎は骨質が軟らかいためAll-on-4プラス2(All-on-6)、下顎は抜歯即時埋入でAll-on-4で治療しました。 ステーキなどの固いお肉も普通に食べられると喜んでおられました。

歯医者が怖くて通院できずに放置してしまった

41歳・男性

今まで歯医者が怖くて通院できなかったがどんどん自然に歯が抜けていき食事もままならなくなったので、今回は意を決して相談に来られたとのこと。

All-on-4の治療は、通常のフルマウス治療と比べて短い期間と回数で治療が終わることに加え、静脈内鎮静法を併用すれば眠っているかのような感覚の内で恐怖や痛みを感じることなく手術を終えられることを説明し、静脈内鎮静法併用のAll-on-4治療に同意していただきました。 年齢的にお若いので上下All-on-4プラス2(All-on-6)で治療しました。術前のボロボロになっていた口腔内と比べて何でも食べられるようになり、患者様にも大変満足していただけ、All-on-4の有用性を改めて感じることができました。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、気分を落ち着かせる効果がある点滴薬を血管内に直接投与することでリラックス効果を得ることができる方法です。全身麻酔と違い眠くなりますが完全に意識はなくならず、普段通りに呼吸ができる安全性の高い麻酔です。これにより、治療中の不安や緊張を軽減することができます。インプラント手術で強い不安感や恐怖心をお持ちの方に適した方法といえます。また、高血圧や糖尿病等の合併症をお持ちの方にも降圧剤や抗菌剤を点滴投与できるので安心して手術を受けていただくことができます。当院では大学病院から定期的に歯科麻酔医(大学の歯科麻酔科で高度なトレーニングを受けた歯科医師)に来ていただき、ご希望の方には静脈内鎮静法を行っております。

侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)で悩んでいる

35歳・女性

侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)と診断され、長期間大学病院で治療を受けているが改善が見られないとのこと。
侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)の治療を数年間行ったが改善が見られず、全顎的に動揺があるため食事も摂りづらく、審美的にも気になるということで大学病院からの紹介で来院されました。

当院の診断でも保存治療は難しいということでインプラント治療について説明したところ同意していただきました。
35歳と非常にお若いため長期的な予後を考慮し、上顎はAll-on-4プラス2(All-on-6)をベースに1歯1本ずつのセラミック冠、下顎は8本のインプラントを埋入し上部構造(人工歯の部分)は3分割にしました。
現在も定期的にメインテナンスに通院していただき、注意深く経過を観察しています。

総入れ歯になってからゴルフのときボールが飛ばなくなった

56歳・男性

ゴルフが大好きだが、上顎が総入れ歯になってからインパクトのとき力が入らない。
下の前歯もぐらぐらしているとの主訴でした。

上顎臼歯部は骨が薄いため骨造成(サイナスリフト)を行った後、All-on-4プラス2(All-on-6)で治療しました。
下顎は残存歯を抜歯し歯周病原菌の死滅を待ってAll-on-4で治療しました。
インパクトで力が入るようになり、ボールも昔のように飛ぶようになったと喜んでいただいています。

当院の抜歯即時埋入の基準について

患者様の身体的負担を軽減するため可能な限り抜歯即時埋入(抜歯とインプラント埋入を同日に行う)で行いますが、インプラント埋入予定部位の残存歯に感染があると埋入したインプラントに細菌感染が起こり、インプラント治療の失敗の原因になるため術前に抜歯予定の歯でも歯周病治療を行い、歯周病原細菌を可能な限り減らした後に抜歯即時埋入を行ったり、先に抜歯して病原菌が死滅するのを待ってからインプラント埋入を行うケースもあります。
すべてのケースに抜歯即時埋入が適応できるわけでは無いことをご理解いただければと思います。

入れ歯にしてから人前で喋るとき
滑舌が悪くなったと言われる

62歳・男性

講演会等で人前で喋る機会が多いが、奥歯がダメになり「部分入れ歯にしてから舌がもつれてうまく話せないことがある」との主訴でした。

人前でお話しをされるお仕事をされている方ですが、入れ歯の金具の部分が舌に当たってうまく発音できないことがあるということで来院されました。最後臼歯までの補綴を希望されたので(片顎の歯で14本、All-on-4は通常12本です)、下顎はAll-on-4プラス2(All-on-6)、それに合わせて上顎臼歯部もインプラント治療を行いました。滑舌も良くなり、喋り方が若々しくなったと喜んでおられました。

インプラントよくある質問

インプラント治療に年齢制限はありますか?

骨の成長がほぼ完了する16 歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされていれば、インプラント治療を受けることができます。 ご高齢の方でも、全身疾患をお持ちの方でなければ問題ありません。

手術は怖くないですか、またどれくらい時間がかかりますか?

手術中は麻酔をしますので痛みの心配はありません。 入れる本数や場所によっても変わりますが、インプラントの埋入自体の時間は1本10〜15分くらいで終わります。

インプラント治療をすると以前の自分の歯と同じように咬めますか?

入れ歯がお口のなかの粘膜に支えられているのに対して、インプラントは顎の骨と強固にくっ付き支えられています。 このため、入れ歯のようにガタつきがなく、しっかり咬めるようになり、見た目も美しくなります。

インプラントはどのくらい持ちますか?

インプラント自体はチタン製なので半永久的に機能します。 しかし、お手入れがしっかりできていないと天然歯と同様に歯周病のような状態になり、インプラント周囲の骨がやせてグラグラ動いてしまいます。 インプラントを長持ちさせるためには、毎日のきちんとしたお手入れが欠かせません。

歯槽膿漏(歯周病)ですが、インプラントは出来ますか?

歯槽膿漏は歯の周囲の骨を溶かしてしまうため、インプラントを埋めるだけの骨の量が足りない場合があります。 その場合は、骨を作る手術を併用してインプラントを埋めます。 極端に骨が少ない場合は出来ない場合もあります。 また、歯周病の治療をせずにインプラントを埋めても、歯周病の細菌がインプラントにも感染しますので、歯周病の治療も必要になります。 また、インプラントを埋めたあとの定期的なお口全体のクリーニングも必要となります。

デンタルローンをご利用いただけます

私費治療となる審美歯科治療では「デンタルローン」をご利用いただけます。
ご自身に合わせた月々のご予算で分割払いが可能です(最長84回)。
また、デンタルローンのご利用金額200円につき1ポイント「Tポイント」もたまります。
お気軽にご相談ください。
https://www.aplus.co.jp/loan/credit/dental/

医療費控除も受けられます

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。 医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が減税されます。 デンタルローンご利用金額すべてが医療費控除の対象となります。

PAGE TOP