〒771-1265 徳島県板野郡藍住町住吉字神蔵209-1

TEL:088-678-4337
TEL:088-678-4337

徳島県板野郡藍住町でインプラント治療をお探しなら斎藤歯科医院へ

セラミックによる歯科治療

歯科用CT

生体情報モニター

吉成駅の斎藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
斎藤歯科医院 tel088-678-4337 一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・インプラント 〒771-1265 徳島県藍住町住吉字神蔵209-1

MobileSite

HOME»  セラミックによる歯科治療

セラミックによる歯科治療~矯正治療と審美治療~

「セラミック」について

「セラミック」について

「セラミック」という言葉を聞いたことがありますか。セラミックとは陶器材料のことで、天然の歯と似た色合いのため、徳島の当院でも治療に使用しています。

では、どのような治療に使われているのでしょうか。歯科治療では主に矯正治療と審美治療で用いられており、矯正治療ではブラケットの部分に使われています。ブラケットとは、矯正治療の際に口元に取り付ける器具のことを指します。ブラケットにワイヤーを通して締め付けることで、歯の位置をゆっくりと時間をかけて調整していくのです。人と話していて、口元に銀色のブラケットが付いているのを見て、矯正している最中なのだと気づく人も多いでしょう。

銀色のブラケットは金属製で「メタルブラケット」と呼び、従来の矯正治療では広く使われていました。しかし矯正治療は治療期間が長くかかり、どうしても目立ってしまうため、徳島の当院にいらっしゃる患者さんでも見た目を気にされる方が多くいらっしゃいました。

そこで登場したのが、セラミックのブラケットです。徳島の当院でもこちらのブラケットを扱っています。従来のメタルブラケットと違い、色合いが自然で目立ちにくいのが最大のメリットです。今まで銀色のブラケットが目立つのが嫌で、矯正治療に踏み出せなかった方にはおすすめです。しかし、非常に硬い素材のため噛み合わせによっては口内を傷つけてしまうことがあり、陶器材料でできているため金属よりも割れやすいというデメリットもあります。以上のメリット・デメリットを考慮したうえで、ご自身に最適の方法を選ぶようにしましょう。

矯正治療と審美治療の違い

矯正治療と審美治療の違い

審美治療では、セラミックは歯並びを整えるだけでなく、色や形を美しくする目的でも使われています。矯正治療は数年かけてゆっくりと歯並びを整えていきますが、審美治療はより即効性のある治療です。数年単位の治療では待てない、今すぐ口元を美しくしたいという場合には審美治療が役立ちます。しかしその代償として、歯を削ることになります。歯を削った上で、つめ物やかぶせ物をして見た目を整えます。審美治療では見た目を重視するため、つめ物やかぶせ物の素材や質感なども豊富な選択肢から選ぶことが可能です。

審美治療に用いられるセラミックにも様々な種類があります。オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニア、メタルボンド、ラミネートベニアなどがあり、もちろんそれぞれにメリットやデメリットが存在します。

例として、ハイブリッドセラミックはオールセラミックより柔らかく、口内を傷つけにくくなっています。しかし、やや磨耗しやすく、変色しやすいのがデメリットです。

また、メタルボンドは金属にセラミックを被せて利用することから、強度はあるものの金属アレルギーの方は使用できません。

このように、どの素材にもメリット・デメリットが存在します。どの素材が最適かはご自身の体質やお口の状態によって変わってきますので、よく相談し、納得したうえで治療を受けるようにしてください。

徳島県でインプラント治療や矯正治療をお考えの方は斎藤歯科医院へ
ページの先頭へ